Mima's Blog

ミュージック・クラウンみまの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人的チーム 、 PW3

「銀座9th Ave.~パントマイムウィーク3」、
オーププニングに続き、1st Street バーバラ+バロン組がまずは無事終了しました。
昨日、受付のお手伝いに行って来ましたが、このイベント自体の渋い大人ぶりに、遅まきながら、一人で感銘を受けております。

バロンさんと村田さんの作品が素晴らしく完成度が高かったので、劇場が格調高い雰囲気で充満していたから、何かに気づかされた、というところがわたしの浅はかさです。
すみませんっ(≧≦)

身内が大勢集まるので、いやが上にも盛り上がってしまうオープニングとは違い、一晩に二組だけの作品をじっくり味わうために、集まるお客様。
味わいたい、という意思でもって集まってこられるんですね。(当たり前だけど…)

そして後日、本番を控えるアーティストが、スタッフとして献身的にその日の舞台を陰で支える事に専念している姿が大人。

また、本番を終えた出演者は余韻に浸る間もなく、次の公演の出演者にバトンを渡すため、速やかに裏方モードに切り替えて清掃作業を黙々と始めてたりする姿が大人。
かっこいい。

パントマイムウィークの実行委員会の発起人、細川紘未氏のひたむきで静かな情熱が、まじめで良い事に向かっていて、だから、そのエンジンの周りで献身している人たちも、気持ちのよい整然とした動きになってるんじゃないかしら。

回を重ねるごとにちょっとづつ参加者が増え、日数が増え、拡大していってるのも、その運動が冒険をはらみつつ、成功に向かって細心の注意をはらい、安全に運行しているからじゃないのかしら。

この活動の中から、パントマイムのいい作品、いい舞台に触れる機会が増えれば、それまでの自分のパントマイムの印象、あったとしたら偏見、それに変革がおきますね。

いや、実際、私自身の中に、それが起こっております
ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

残るストリート、ぜひ、お運びを!
今日、明日はすごい実力者の競演です。
京本千恵美さんと、JIDAIさん。
映画とか見るより絶対いいですよ、生だもん。
それに明日日曜は昼、夜あるしね!

JIDAIさんのサイトにお得な当日券のお話が…
ご参照下さい。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。